目元・二重整形の比較Web

目は好印象をつくる大切なパーツ

印象を左右する「目」。目がパッチリしていると、一瞬で相手を惹きつけ、何も話し出す前から好印象を与えることが可能。目や目元に魅力のある人は、そうでない人に比べて得しているように感じた人はいませんか?

  • HOME
  • 悩み・要望で探す
  • 施術名で探す
  • 美容ニュース
  • クリニック情報

HOME > 施術名で探す > 切開法

施術名で探す

切開法

理想的な美しい二重が半永久的に

目が腫れぼったく見える、まぶたに厚みのある人は、この施術を選ぶことが多いようです。過去にプチ整形をしたけれど、元に戻ってしまった人や、そもそも二重だけれど、二重の幅が広く重い印象になっていることが気になる人も、選ぶ傾向に。メリットは半永久的な効果があること。目の脂肪を取り除き、二重のヒダの幅が微調整可能なので、なりたい顏になれることがポイント。

施術について

どんなに腫れぼったい一重まぶたの人も、術後に戻ってしまう心配がないのが、切開法です。施術は目の構造そのものを変えて、くっきりと理想的な二重まぶたにします。具体的には、なりたい二重のラインをつくるべく、切開で余分な眼窩脂肪を除去。皮膚組織などを処理して、誰からも好感をもたれる美しい目になります。二重の幅や角度も微調性が可能です。

しかし、一度切開してしまうと簡単にはもとに戻せないので、信頼できる医師を選び、じっくりとカウンセリングを受けてください。また美意識が共有でき、柔軟に対応してくれるクリニックを選ぶことが大切です。

気を付ける点

やり直しが効かないだけに、なりたい二重まぶたを叶えてくれる経験豊富な医師を選ぶことが何よりも大切です。料金だけで選んでしまうのは避けたいもの。また、医師の経験が不足しているとまぶたを閉じたときに“いかにも整形しました”というラインが目立つケースもあり、腕のいい医師に任せるること。麻酔などの影響で、術後数日は腫れが目立つケースが多く、一度に両目を施術するのではなく、片目ずつ手術をしてくれるクリニックを選ぶ人もいるようです。

費用

25~50万円(両目)

ダウンタイム

強い腫れが見られるのは10~14日

術後の流れ

当日よりシャワーが可能としているクリニックがほとんど。 洗顔は翌日、アイメークは抜糸後を指示される場合が多い。術後の通院は、抜糸のために1回は必須。

関連施術

部分切開法 埋没法

↑PAGE TOP